はたらく細胞実写キャスト相関図と原作漫画キャラと徹底比較!

はたらく細胞実写キャスト相関図と原作漫画キャラと徹底比較! 佐藤健

「本コンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

Pocket

 

実写版映画のキャストが発表された『はたらく細胞』

漫画は、小学生を中心にたくさんの子ども達が手に取りアニメや絵本も好評です。

02.うれしい・女性

図書館にも置いてあるよ♪

人気漫画が原作となると、相関図や実写キャラが原作とマッチしているか比較したくなる気持ち分かります!

この記事では、気になる『はたらく細胞』の相関図と実写キャストと漫画キャラを徹底比較!

早速深掘りしていきましょう♪

 

はたらく細胞実写キャスト相関図

はたらく細胞実写キャスト相関図と原作漫画キャラと徹底比較!

相関図にしてみると、たくさんの魅力的なキャラがいることが分かりますね。

実写キャスト2名しかまだ発表されていないので、今後誰がどの役を演じるのか想像力をかき立てられます。

「血小板キャストだったら、ドラマで活躍中のかわいい子役たちが出演するのかな」とか「NK細胞だったら佐藤さんみたいに自分でアクションもこなせる俳優が良いな」など、想いを巡らせるだけでも楽しいです。

もうすでに全キャストは、決定していて撮影も終了しているようなので、順次発表されるのが待ち遠しいですね♪

 

はたらく細胞実写の登場人物一覧

  • 赤血球(AE3803)/永野芽郁
  • 白血球(好中球 / U-1146)/佐藤健
  • 人間(健康体)/芦田愛菜
  • 人間(不健康)/阿部サダヲ

現時点では、4名のメインキャラの俳優陣しか発表されていませんが、豪華ですよね!

このキャストだけで、映画館に足を運びたくなる人選だと思いませんか?

今後、随時発表される予定なので、分かり次第お知らせします♪

 

はたらく細胞実写のあらすじは?

人間の体内を舞台にした『はたらく細胞』は、擬人化された細胞たちが体内でどのように働いているかを描いていており、細胞たちが協力して体内の健康を守る様子を中心に展開されます。

主なキャラクターは、酸素を運ぶ赤血球、病原体と戦う白血球など、様々な機能を持つ細胞たちです。

細菌やウイルスとの戦い、怪我の修復、アレルギー反応、がん細胞との戦いなど、体内で起こる様々な出来事が描かれ、細胞たちの働きを通して、人体の機能や免疫システムについて学ぶことができる物語となっています。

 

はたらく細胞実写キャストを原作漫画キャラと徹底比較!


『はたらく細胞』の実写キャラは、原作漫画を忠実に再現されていると感じます。

公開されたビジュアルポスター、原作からそのまま飛び出てきたような姿で驚きました。

赤血球のキャラは新米の設定なので、永野さんが持つフレッシュで元気なイメージにピッタリですし、白血球はアクションに定評がある佐藤さんが演じるに値するキャラだと思います。

次の項では、メインキャラの性格や演者のプロフィールをチェックしていきましょう♪

 

赤血球(AE3803)/永野芽郁

赤血球のキャラは、明るく元気でおっちょこちょいな一面があります。

頑張り屋で一生懸命なので、ついつい助けてあげてあげたくなる性格です。

新米として道に迷うことが多く、その度に様々な場所でトラブルに巻き込まれがち…。

多くの経験を通じて成長していき、細菌やウイルスの襲撃時には、白血球たちと協力して体内の安全を守る役目もあります。

血小板や他の細胞たちとの交流もあり、体内のコミュニティの一員としての一面も描かれるメインキャラクターです。

 

永野芽郁(ながのめい)プロフィール

はたらく細胞実写キャスト相関図と原作漫画キャラと徹底比較!

引用:映画「はたらく細胞」公式HP

  • 生年月日:1999年9月24日
  • 年齢:24歳
  • 出身地:東京都
  • 所属事務所:スターダストプロモーション

キャリアは長く、小学校3年生で芸能界入りをしています。

共演者の佐藤さんとは『半分、青い。』で共演しており、『はたらく細胞』では、久しぶりの再タッグとなるようです。

 

白血球(好中球 / U-1146)/佐藤健

白血球は、冷静沈着で面倒見が良く、他の細胞たちを助けることに熱心です。

戦闘能力が高く、体内に侵入したウイルスの襲来を食い止め・排除する役割を担っています。

赤血球のお世話をすることも多く、よく行動を共にする様子が見られ頼もしい存在です。

赤血球や他の細胞たちを守る場面が多くあり、赤血球との交流を通じて、冷静な一面だけでなく、優しさや仲間思いな一面も描かれています。

 

佐藤健(さとうたける)プロフィール

  • 生年月日:1989年3月21日
  • 年齢:35歳
  • 出身地:埼玉県
  • 所属事務所:Co-Lavo

佐藤さんと言えば、『るろうに剣心』のアクションシーンが印象的ですよね。

ファッションモデルとしても活動しており、多くの雑誌や広告に登場、俳優業の他に、声優としても才能を発揮!

佐藤さんは、その多彩な演技力と魅力的なルックスで、日本のエンターテインメント業界で幅広く活躍しており、今後の活躍にも注目が集まっています。

 

漆崎日胡/芦田愛菜

健康で優良な体の持ち主で、父・茂と2人暮らしをしており、家庭内の事も機敏にこなすしっかりした性格の女子高生です。

日胡は、映画オリジナルの登場人物となります。

 

芦田愛菜(あしだまな)プロフィール

はたらく細胞実写キャスト相関図と原作漫画キャラと徹底比較!

引用:映画「はたらく細胞」公式HP

  • 生年月日: 2004年6月23日
  • 年齢:20歳
  • 出身地: 兵庫県
  • 所属事務所:ユニバーサルミュージック

芦田さんと言えば、子役のころから長く第一線で活躍している女優さんですよね。

彼女のブレイクのきっかけは、2010年のテレビドラマ『Mother』での演技で、彼女の演技力が高く評価され、多くの賞を受賞しました。

その後、阿部サダヲさんと共演した『マルモのおきて』で一気に人気子役を駆け上がり、今作は10年ぶりの親子役での共演となるようです。

 

漆崎茂/阿部サダヲ

不摂生な体の持ち主で、ジャンクフードやタバコと酒がやめられない中年男性。

妻を早くに亡くし、男手1つで大切な娘の日胡を育てています。

健康を脅かす生活をしているせいで、細胞たちからも不平不満が聞こえてきそうです。

茂も映画オリジナルの登場人物です。

 

阿部サダヲ(あべさだお)プロフィール

はたらく細胞実写キャスト相関図と原作漫画キャラと徹底比較!

引用:映画「はたらく細胞」公式HP

  • 生年月日: 1970年4月23日
  • 年齢:54歳
  • 出身地: 千葉県
  • 所属事務所:ユニバーサルミュージック

コミカルな演技もシリアスな演技にも定評がある阿部さん。

芦田さんとは、2度目の親子役で『マルモのおきて』とはまた違った親子のやりとりが見れそうです。

『はたらく細胞』は、体内のストーリー展開がメインですが、体の持ち主のコミカルかつ印象的な演技にも注目したいですね。

 

まとめ

ここまで『はたらく細胞』の実写キャスト相関図と原作の漫画キャラの徹底比較をしてきました。

相関図を見てみると、たくさんのキャラクターが掲載されているので、今後の発表が待ちきずウズウズしますよね。

原作漫画と比較してみると、キャラの容姿や世界観を忠実に表現された実写ポスターがお目見えしているので、是非とも隅々まで見て欲しいです。

『はたらく細胞』は、子どもから大人まで親しみのあるキャストが選ばれており、年齢関係なく楽しめる作品になりそうですね。

今後も、解禁される情報を随時追記する予定なので、情報をチェックして12月の公開を待ちましょう♪

タイトルとURLをコピーしました